キャッシング体験談|苦しい生活から抜け出したストーリー

キャッシング体験談を紹介します!

みんなのキャッシングや貧乏体験談を集めています。
当ページを見てお金を賢く使う方法をしっかりと考えてからキャッシングしましょうね。
お金を借りたいならしっかり失敗から学びましょうね。

 

見栄をはってキャッシングした34歳男性の話

もともとそんなに給料が高いわけでもなく、それなりに遊んだりしているから貯金がほとんどない、そのため冠婚葬祭が重なったりすると途端にピンチになるのです。悲しいかな見栄を張ってしまうので、もちろんどんなに遠くても全て参加して、しかも久しぶりに会う友人たちにもいい格好をしたいのでお祝いや交通費だけでなく服装や身なりにも思わずお金をかけてしまい、あっという間に貯金が底をついて貧乏生活に突入してしまいました。

 

毎日同じものを食べ続けます。基本的に残念ながら食欲はあるので断食や食事を抜くことは出来ません。もちろん飲み会の誘いには参加したい。そうなるとみんなの見ていないところで、慎ましい食事をするしかないのです。朝食はもちろん、会社でとる昼食もひたすらオニギリでした。そして夕食もご飯のみです。さすがに飽きてくるので醤油や塩などの調味料には工夫をしましたが、ふりかけや梅干しなどのお金が必要なものは我慢してひたすら米で耐えていました。

 

見栄を張らなければならない部分以外を出来るだけ切り詰めていたのですが、さすがにそれだけではカバー出来ません。苦肉の策として親にお願いしても借金を返済しました。ただ親から金を借りてからは、さすがに無駄な見栄を張らないように、生活の全てを切り詰め節約生活を継続させました。お陰さまで何とか全額返済することができ、ようやく普通の生活に戻れましたが、親からの借金という恥ずべきことをきっかけに少しずつ自分が変わっていきました。

旦那の借金でキャッシングした30歳女性の話

当時付き合っていた彼(現 主人)が会社を経営していました。殆ど資金のないまま始めた会社でしたので、職人さんに支払うお給料、材料代、初期費用などが足らず、相談されていました。まだ付き合って間もない時でしたので、何百万も貸す事にとても抵抗がありました。また、私の収入での借りれる限度額もそう多くはないため、何社からか借り、トータルで120万円ほどになりました。彼が少しずつ返済をする約束でしたが、追いつかず私が毎月少しずつ返済しています。

 

私は手に職を持っていますが、当時はまだ修行の身。お給料はコンビニなどでバイトをしているひととほとんど変わらないか、むしろ、下回っていたはずです。唯一助かったのは、私の職場は住み込みで働いているとゆうこと。食費、光熱費などはすべて引かれてのお給料でしたので、そこは助かっていました。しかし、社会保険ではない為、国保や車の保険など、そういったものは、親や祖父に助けて貰い、何とか生活をしている状況でした。また、当時は遠距離をしていました。仕事の都合上、私が彼の元へ行くことが多く、その為にさらに節約していました。

 

返済はまだ続いています。今は月32000円を返済しています。当時お付き合いしていた彼とは結婚をし、私の地元で子供と3人で生活しています。ひとりで返済している時よりは楽にはなりましたが、わたしのお給料と、主人が今までの職を辞め、いちから全く別の職業に就いた事でのお給料の激減。少しずつ増えてはきていますが、まだまだ正直苦しいです。予定ではすべての返済をあと3年程で終了する予定です。これからは返済をひとつにまとめ、月の返済も少なくできるように考えているところです。

ギャンブルでキャッシングした29歳/男性

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。じぶんは昔からですが、ほんとうにギャンブルにはまっておりました。自分は学生のときはかなり地味な人間でありました。やんちゃ系の生徒などとは違い、かなり自分を押さえ込んで、ストレスをためる人間でありました。校則や決まりごとはしっかりと守ってきました。ですが、社会人になったとたんですが、自分はあくがとれたようにギャンブルにはまっていきました。それは人間関係にあります。自分は昔からほんとうに人間関係が苦手でありました。学生のときなどは人間関係の摩擦をさけるために自分はクラブ活動などにも入らずに帰宅でした。人間関係がなくても自分は社会人になり、働いていくことができると確信をしていたのです。ですが、自分がいざ社会人になると仕事はできるのですが、人間関係にほんとうに苦しめられてしまいました。新入社員や若手のときはまだいいのですが、自分が23歳を超えるようになると後輩などにバカにされるようになり、仕事をおこなうのにも非常にストレスがかかるようになったのです。社会は勉強を積んだものが上にいけるようになるというのは自分は理解をしておりましたが、まさかここまで人間関係が悪くなるとは思ってもみませんでした。そして自分は23歳のときにギャンブルに走るようになりました。 

 

当時は4号機の末期であり、北斗の拳などがまだ稼動をしておりました。勝つときは、20万円、30万円を一日で手に入れることもできました。その感覚を味わうために自分は何度も打ち込み、そのときは収支はまだトントンといったところでマイナスにはなってはおりませんでした。ですが、5号機が誕生をするとほとんど勝てなくなりました。最初は自分は貯金などを切り崩して頑張ってはおりましたが、とうとう貯金も27歳のときに底をついてしまい、自分はキャッシングをすることにしたのです。じぶんは正社員で働いていたので、アコムやレイクといった一般の消費者金融であっさりと借りることができました。すぐ審査が通ったことを知らされ、無人の契約機のほうに案内をされたのです。そこで自分は最初は50万円をかりて、それを元手にまた勝負をしたのですが、一月後にはなくなり、そして自分はまた50万円を借り、その繰り返しを行い、200万円まで膨れ上がってしまいました。それで自分は生活費などが足りなくなってしまい、お金が必要になったときに首がまわらなくなってしまいました。両親にも自分はすがりましたが、全く相手にしてくれませんでした。キャッシングもこれ以上できないときに自分はクレジットカードを何とか現金に変えることができないかと考えました。

 

金券ショップでの現金化です。金券ショップとは図書券やギフト券などの販売や買取をメインとしている業者です。そこまで足を運び、自分はクレジットカード枠の範囲で現金化をお願いいたしました。店員さんと自分が新幹線の切符売り場まで足を運び、自分のクレジットカードを活用して、切符を購入し、それを金券ショップの人が買取をしてくれるというものです。これで自分は現金7万円を手に入れることができました。ただリスクもあります。この方法は法に触れるかもしれないというグレーゾーンと可能性があり、下手をすれば自分も逮捕をされる可能性がありました。

在籍確認なし

ただキャッシングもしましたよ。在籍確認なしで借りれるところを探していましたが、切羽詰った状態でした。在籍確認なしが良かったのは会社にばれたくなかったからです。在籍確認なしでキャッシングをするとバレませんからね。しっかりお金を借りようと思ったのですが、在籍確認がかなりネックで...私個人的に在籍確認がなしであればかなりよかったのです。参考にした在籍確認キャッシングページを紹介します。参照:「在籍確認なし